カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

某社が「必殺技」について商標登録出願したことで話題になっていますね。どの様な意図で出願したかは分かりませんが、きっと深い訳があるのでしょう。

さて、特許権や商標権は独占排他権の性質を有するので、どうしても、「独占するのはけしからん」と思う方が出てくるのも分かります。

が、独占排他権という性質を有していますが、権利は使いようです。あえて権利を取ったうえで自由に使ってもらう、ということもできます。

一方、自由に使いたいから権利をとらないという選択をした場合に、もし第三者が権利を取得したらどうでしょう。

例えば、ある人があるネーミングAを皆にも自由に使ってもらいたいから商標権をとらないと決めたとします。

その場合、他の人々がすべて「よい人」なら問題ありません。

しかし、第三者がネーミングAについて商標権を取得することが考えられます。そして、その第三者が、他の人がネーミングAを使うのを差し止めたり、損害賠償請求したりすることも考えられます。

したがって、「皆に自由に使ったもらいたい」と考えるのであれば、自分がネーミングAについて商標権を取得して第三者に権利をとられないようにした上で、権利行使しないことで皆に自由に使ってもらう方が確実です。

あえて権利をとり、権利行使しないことで皆が自由に使えるようになるということです。

実際、「介護」という言葉はもともと造語で商標登録されていますが、商標権者は皆に自由に使ってもらうため、権利行使していないとのこと。

権利は使いようですね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/03/17(木) 01:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。