カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

 職務発明に関する法律が改正され、そろそろ施行時期が近づいてきましたが、職務発明ガイドライン(案)について、特許庁で説明ビデオが公開されています(→HPはこちら)。

 法改正がある毎に特許庁では説明会を開いたり、ネット上でテキストを公開したりしていますが、説明ビデオは珍しいかもしれません。それだけ、注目度が高いということでしょう。

 確かに、いまいる従業員だけでなく、新入社員や退職者までカバーできるガイドラインを策定するには、いろいろと気を付けなければならない点があります。そのため、特許庁も力を入れているのでしょう。

 法改正には賛否両論あると思いますが、企業と発明者との双方が納得できるようなガイドラインを作っていくことが、これまで以上に企業には求められるのではと思います。

 職務発明云々もありますが、ノウハウを含め多くの知財は、やはり属人的な部分が多いと思います。そのため、人が辞めてしまうと、その人に属する知財の多くが企業外に流出する可能性があります。

 職務発明規定も重要ですが、ノウハウ等の企業にとって重要な情報の取り扱いもこの際、見直すという視点ももった方がよいかもしれませんね。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/03/11(金) 21:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。