カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
有楽町の無印良品に行ったときのこと。

店内には様々な商品と共に様々な書籍も並べられています(2016年3月現在)。その本の並べ方なのですが、ちょっと面白い分類の仕方でした。

それは、書名に含まれている漢字の偏や構成部ごとに分類するというものです。「・・・が語る」という書名であれば「言偏」の棚に、「珍」や「王」が入っている書名であれば「王」の棚に分類されています。

通常の分類法と違い、思いもよらない本が同じ棚に陳列されていたりして、これまで手に取ったことがなかったような本にも手が伸びます。

これは、とても面白い取り組みだと感じました。人間は意識しないと決まりきった行動をとりがちです。書店に行っても自分が興味のあるところにしか足を運ばないことも多いところ、無印のような陳列方法だと、これまで目にしなかった本に巡り合うことができます。

ネットショップではなかなかこのようなことはできないのではないでしょうか(もちろん、そのような仕組みを作ればいいんですが…)。リアルの書店もちょっとした工夫で面白い店になる例かなと思います。

これまでにない組み合わせ、ちょっと特許の進歩性の話も頭をよぎりましたが、職業病ですね。。。

今知的財産事務所

スポンサーサイト

2016/03/08(火) 23:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR