カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
自分たちが「この程度は当たり前」で特許なんかにならない、と思っていた技術について、他社が特許権を取得してしまった、という話を実際によく聞きます(以前ブログでも書いたように、自社だけでなく、他社も研究開発を弛まず続けているということですね)。

自らが所属する組織内では「当たり前」、「当然」、「特許になんかなりえない」という技術であっても、客観的に見れば特許性がある場合があり、その場合に他社が当該技術について特許出願すると、その他社が特許権をとってしまうことになります。

自分たちが「当たり前」と思っている技術であっても、いざその他社特許をつぶそうと思って先行技術を調査すると、その技術について開示している文献がなかなか見つからない(見つからないからこそ、特許になったという面もあります)、という状況に追い込まれることも少なくありません。

自社内の資料を用いて先使用権は確保できるかもしれません。

しかし、相手方特許をつぶすことができず、先使用権だけではビジネスを大きく展開することができず、事業戦略に支障をきたすことになりかねません。

そうすると、「あの時出願しておけばよかった・・・」ということになってしまいます。

また、私が発明相談を受ける場合、よく発明者とブレスト的なディスカッションをします。そうすると、「そのような視点は気がつかなかった」と発明者に言われることがよくあります。そして、その視点も次の開発に活かし、よりよい発明になることがあります。

つまり、自分たちが「当たり前」と思っていることも、第三者が客観的に見れば実は当たり前ではなかったり、異なった視点から指摘を受けることで、更によいアイデアが生まれてきたりするのです。

様々な角度から技術を見ることができれば、第三者に出し抜かれることを予防できたり、いまある技術を更に進化・深化させたりすることができたりしますので、アイデアが生まれそうな段階、又は生まれた段階で弁理士等の第三者に相談することがビジネス上、有効と思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/11/17(月) 12:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。