カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
この仕事をしていると、製品やサービスの開発前段階や初期段階からのご相談を受けることが多いので、昔の企業での経験やMOTでの経験が役に立つことが結構あります。

例えば、私も昔経験しましたが、製品開発スタート時には「その時点」における市場や競合他社等の周囲の状況について情報収集し、それを材料の1つに使って技術開発を進めます。

が、ここでちょっとした(場合によっては大きな)落とし穴があります。

それは、「時間の目」です。

技術開発を進める当事者は、開発がどんどん進行しても、ついつい周囲の状況が「開発スタート時点のままである」と思いこんでしまう場合があります。自社がどんどん技術開発をしているなら当然、競合他社も同じように技術開発をどんどん進めていると見るべきです。

その視点(時間が進むという視点)を忘れてしまうと、せっかく開発を進めても蓋を開けたら他社と同じだった(場合によっては他社の方が先行していた)、ということになりかねません。

それを防ぐには常に情報収集をし、それを現場にフィードバックする仕組みの構築が必要ですし、開発当事者も「時間の目」を意識することが必要です。

一方、特許出願についてはちょっと事情が異なります。

特許の場合、特許出願明細書には出願時点の内容が記載されています。後日、「あっ!あれも追加したい」と思っても、国内優先を除けば新規事項追加になるので認められません。また、拒絶理由に対応するために補正しようとしても「出願時点の内容」に基づいてしか補正できません。つまり、出願した内容の範囲内でしか補正できないのです。

上記のように技術開発は時間の進行と共にどんどん進んでいます。そうすると、発明者の頭の中は(競合他社の情報があるか否かに関わらず)少なくとも自分の開発経験に基づく新たな知識がどんどん蓄積されていることになります。

よく、拒絶理由を見た発明者が、「実際はこのような構造だから、こんな拒絶理由が来るのはおかしい」と言う場合があるのですが、その「このような構造」というのが実は曲者で、出願後の開発により新たに創出・改良された構造だったりします。

特許の場合、あくまでも「出願時の内容」で判断しなければなりません。出願から権利化まで時間がかかる場合(早期審査しなければ、数年はかかりますね)、特に発明者は出願後の開発で得た知識も使って話をされますし、そもそも出願時の状況を忘れていたりするので、この時間の進行を明確に意識しておかないと拒絶理由にうまく対処できないでしょう(特に、発明者とのコミュニケーションにおいては注意が必要です)。少なくとも、発明者には「時間の目」を意識してもらうことが必要です。

このように開発における「時間の目」の意識の仕方と特許出願に対応する時の「時間の目」の意識の仕方とはちょっと異なりますので、その使い分けを意識しておくことが重要です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/11/12(水) 13:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。