カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
先日、とある特許案件について審査官面談を行いました。これまでも審査官面談は何度も経験がありましたが、今回はこれまで経験がなかった技術分野の審査官との面談でした。

技術分野が異なると審査官の考え方(というか、出願人に対する接し方)も異なるようです。今回対応いただいた審査官は、特にビジネスに対する考えも合わせて考えていらっしゃる印象を受けました。

他の技術分野では、やはり、記載不備とか進歩性の動機づけとかの話がメインになります。今回もその部分が主要な部分にはなりましたが、権利化後のビジネスを併せた様々なことも合わせてディスカッションできたことが、これまでの面談とは異なっていました。

よく「広くい権利が欲しい」といいますが、広ければ広いほど無効審判で攻撃される可能性が高まります。よって、実際のビジネスを考えれば、後々、係争になって時間や費用を費やすようにならないように、予めある程度限定して権利をとることが有効な場合があります。

特に技術分野によっては、要素技術自体が本当にありふれたものばかりの場合もあり、そのような場合は進歩性が結構問題になったりします。特に広い権利範囲を目指した場合、審査をクリアしたとしても、どうしても無効理由を含む余地が生じる可能性があります。

従って、権利取得だけでなく、将来のビジネスでどのようなことを考えるのか(例えば、自社実施を確保し、同一技術さえ守ればよいという戦略をとるのか、自社内外へのアピールに使うという戦略を取るのか、広い権利範囲で他社の実施をなるべく広くひっかける戦略をとるのか等)を考慮し、権利範囲を定める必要があります。

このようなことは当然、弁理士と出願人とのディスカッションでは出てきますが、審査官面談で審査官からその様なビジネスも絡めた話が出てきたことは、ちょっと新鮮な驚きでした。

ともあれ、審査官面談はある意味、中間手続きを少なくとも1回分は得するので、権利取得にはとても有効な手段です。

弊所では審査官面談を積極的に実行しています。
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/09/30(火) 15:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR