カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
久しぶりの更新です。

自分たちが顧客に提供しているモノ・コトを見直すことで、これまで考えていなかった市場が、実は、自分たちが進出できる市場であることに気がつくことがあります。あるいは、見直すことにより、これまで気が付いていなかった顧客の存在に気がつくことや新たな市場を創造できることに気がつくことがあります。

例えば、株式会社ナベルという企業は、当初はカメラの蛇腹を製造する企業でした。

しかし、ある時、「蛇腹」を「必要なときに伸び不要なときに縮む物」と再定義することで、カメラ分野だけではなく医療分野や機械分野等のカメラからは離れた分野に進出し、そして成功を収めています。

また、サービス分野でも、顧客に単に珈琲を提供するのではなく、珈琲を提供する場所や雰囲気を含めた空間を「第三の場所」として提供するというコンセプトで成功を収めてきたスターバックスの例もあります。

このように、自分たちが顧客に提供しているモノ・コトを見直す、あるいは捉え直すことで自分たちが進出することができる新市場や新たな顧客を発見することができる場合があります(ただし、自分たちにとってコアになる技術やサービスを持っているか、若しくは創造できることが必要条件にはなりますが。)。

これらには、提供している(あるいは提供しようと考えている)モノ・コトからその本質部分(上位概念で捉えた機能や顧客への提供価値など)を抽出すること、そして、抽出した本質部分を核に連想力を働かせ、コンセプト創造することが重要になってきます。

そのためにも、折を見て自分たちが顧客に何を提供しているのか?何を提供できるのか?を検討し、一体全体、顧客は誰か?を考え、モノ・コトを見直しつつコンセプト創造していくことが、変化する環境に適応するためには重要だと思います。

特許事務所も例外ではありません。自分たちが提供しているモノ・コト、価値を見直していくことも通常業務と同じぐらいに重要だと感じています。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/08/25(月) 14:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。