カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
技術的なアイデア等の「知財」は、人の頭の中でまず生まれるものですので、そのままでは客観的に見ることができません(弊所HPでも説明しています→コチラ)。

客観的に見ることができなければ、せっかく思いついたアイデアであっても他者に的確に伝えることはできませんし、チームで仕事をしている場合にチームの他のメンバーに伝えることもできません。また、一度思いついたアイデアを寝かして熟成させようと思っても、客観的に見ることができる状態にしておかないと、寝かしておいてそのまま忘れてしまう、ということにもなりかねません。

そこで、目に見えないアイデア等の「情報」を「見える化」することが重要になってきます。

『見える化』とは要するに、文章や図面などで客観的に把握できるような状態にするということです(特許出願における特許出願明細書の作成もその1つです。)。

「アイデア」といいましたが、これは「ノウハウ」であってもかまいません。『ノウハウ』を完璧に明文化することはまず不可能ですが、それでも明文化して適切に管理することでノウハウ管理になりますし、将来的には、例えば、新入社員に技術を「伝える」ことにも役立ちます。

また、アイデアを明文化することで、実は自分たちの会社にはこんなに多くの「宝(=知財)」があったんだ!と気がつくこともあります。

往々にして、「自分たちは大したことをやっていない」とか「こんなのは当たり前」とか思っているような技術やノウハウが、第三者からすれば垂涎の的だったりすることがあります。それに気がつかずに、そのような技術やノウハウを第三者に気軽に開示してしまったばっかりに、自社事業がシュリンク(最悪の場合、撤退)してしまった、というような話もよく耳にします。

このようなことを防止し、かつ、自分たちの技術やノウハウを育て、発展させて次代につなぐためには、『見える化』が1つの有効な手段ではないかと思います(もちろん、ノウハウ管理をする場合、「見える化」したうえで、どのように管理するのかを適切に決め、実行していく必要はありますが。)。

弊所ではこのような技術やノウハウの『見える化』のための文書作成のご依頼も受けています。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/06/26(木) 16:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR