カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
以前、「ブランドが技術開発を誘導した??」というブログを書きました。「顧客への約束」の実現がポイントだったわけですが、その実現に何かしらの技術が関わるとすれば、技術がブランドを育成する、ということもあり得るのではないでしょうか?

つまり、「技術力があったからこそブランドが育成された」ということです。

顧客から難しい注文が舞い込んだ場合に、それから逃げるのではなく積極的に取り組みます。そして、何らかの成果を出すことで(もちろん、顧客が感心するような成果であることがベストですが)顧客に多かれ少なかれ評価されます(仮に評価されずに失敗したとしても、そこから得られる成果もあるでしょう。)。

評価されるとその後に、又、難しい注文が舞い込みます。

次々とそのような難しい開発経験を積み重ねることで、これまでの技術に「+α」が備わっていきます。その「+α」は、新たな技術やこれまでの技術の新たな活用法であったり、これまで考えもしなかった知見かもしれません(成功している多くの中小企業は、『駆け込み寺』と呼ばれていたり、『他社が敬遠する仕事を積極的に引き受ける』ようにしていたりしています。)。

いずれにせよ、これまで経験のなかった開発や難しい開発に取り組むことで、多かれ少なかれ新たな「情報」が自社内に蓄積されます。そして、その「情報」を基盤に使って顧客が持ち込んだ課題を解決することで、顧客に新たな価値を提供すると共に、自社内にも新たな「情報」が蓄積することになります。

その結果、徐々に顧客の様々な要望に応えることができるようになるだけでなく、顧客を先回りし、顧客が驚くような提案ができる素地が作られます。

その様なプロセスを繰り返すことで、徐々にブランドが育成されていくことがあるのではないでしょうか。

したがって、正確にいえば「技術力向上能力があったからこそブランドが育成された」ということができそうです。

極論をいえば、当たり前のことを当たり前に、コツコツ積み上げていくことがブランド育成の肝なのだろうと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/05/30(金) 00:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。