カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
日本では、特許出願すると原則として出願日から1年6月経過後に出願内容がネットを通じて全世界に公開されます。国際特許出願(いわゆるPCT出願)も、原則として同様に出願内容が全世界に公開されます(国際公開)。

とある企業はこの国際公開を、自分たちの事業に協力してくれる他企業を探すツールとして活用しているところがあります。

どう活用するかというと、自社技術を含む『大きな絵』を出願内容に含めるのです。『大きな絵』とはつまり、自分たちの技術を使い、どのような世界を作りたいのかという『構想』自体を描いたものです。

そして、その『構想』の中で自分たちが担当する部分はこの部分だと明示したうえで、その『構想』を実現する他の部分は他社に協力を仰ぐ、というものです。

あまたある出願公開公報から自分たちの出願が他社の目につくのか?とも思えるのですが、その企業については実際に外部からコンタクトがあったとのことですので、効果がゼロではないことは確かです。

出願公開は自社が多額の費用をかけなくても各国の特許庁がいわば勝手に行ってくれるので、費用対効果としてはかなり良い方法ではないでしょうか。

もちろん、『構想』自体をいかに魅力的にすることが必要ですが、自分たちだけで実現できない構想があるのであれば、仲間探し・仲間作りは必須です。その仲間を探す1つの手段としての特許出願もあるのですね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/18(火) 23:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR