カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
商品やサービスが売れるということは、買ってくれるお客さんがいるということです。ということは、その商品やサービスに顧客を惹きつける「何か」があるということだと思います。
 
その1つにブランドがあります。「このブランドが好きだから」そこの商品を選択したり、「そのブランドだったら(品質などに)間違いない」と思うからその商品を選択したりします。

例えば、ヤマト運輸。

「クロネコ」のマークは、母猫が子猫を運ぶように荷物を運ぶというイメージを表しています。このマークを見ると、荷物を丁寧に運んでくれるのだろうな、というイメージが想起され、他社よりヤマト運輸を選択する1つの判断基準になるのではないでしょうか。

ただし、イメージがあればよいかというと決してそうではなく、そのイメージを実現するための「実体」が必須要件です。翌日配達するにはどのような仕組みが必要か?お客さんに手間暇かけないようにするにはどうすればよいか?規制に対してどう対処すればよいか?等々、解決すべき課題は山済みでした(そのあたりの詳細は、小倉昌男さんの「経営学」に詳しいです。)。

「実体」を備えてイメージ通りのサービス提供が可能になった後も、お客さんに良いサービスを提供するには、絶え間なく様々なサービスを考えて行く必要があると思います。

ここで、ブランドは「顧客との約束」です。すると、まずどのようなことを約束できるのか?を考える必要があります。その上で、その約束を実現するために必要な「実体」は何か?その「実体」を実現するために必要な技術は何か?と考えて、技術開発が誘導される、というようなこともありそうです。

例えばヤマト運輸は、ゴルフ道具やスキー道具を運ぶためのゴルフ宅急便やスキー宅急便を開発してきました。また、生鮮食品等を運ぶためにクール宅急便も開発しました。

これを見ると、「ゴルフ場やスキー場に手ぶらで行けます」とか「新鮮な食品をそのまま送ります」というような約束(あるいは提供する価値を考えるといってもいいかもしれません)をし、その約束実現のためにどのような技術・サービスが必要かを考えて様々な宅急便サービスのために様々な技術開発がなされたのではないでしょうか。

「クール宅急便」に関しては、昨年、不祥事がありましたが、ブランドの維持にはブランド構築後の維持・管理をしっかりとする必要があります。その維持・管理が難しい(あるいは、どこかに無理がある)というのであれば、そのどこかに解決すべき課題が隠れているのだと思います。

昨年の不祥事は単なる不祥事として捉えるのではなく、「クール宅急便」サービスを維持するために無理をしていた部分があるのであれば、その部分を解決するために新たな技術開発なりサービス開発なりが必要なのかもしれません。

その点を解決することができれば、災い転じて福となるかもしれません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/17(月) 13:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR