カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
新しい商品を世に出す際にデザインも新たに考えだすことが多いと思います。その際に、特許と同じように他人の『意匠権』が存在しているか否かをチェックする必要があります。

また、新規商品が他人の意匠権を踏むか踏まないかを調査することがなくても、気になった商品にはどのようなデザインがあるのだろう?と思うこともあるのではないでしょうか。

その場合に、特許電子図書館での『意匠検索』が参考になるかもしれません。

まず、気になった商品についてどのようなデザインがあるのかを調べる際には、最初にどこの企業の商品を見て気になったのかを思い浮かべてください。

例えば、A社の商品を見て『この商品にはどんなデザインがあるのか?』と思った場合、『意匠公報テキスト検索』で「出願人/意匠権者」の蘭に「A社」の名前を入力します。そして、検索ボタンをクリックすれば、A社がこれまでに取得した意匠の「図面」を色々と見ることができます。

その「図面」の中から気になった商品かその商品に似た商品の図面をクリックします。すると、その商品の図面の他に様々なデータが表示されます。表示されたデータから、例えば『意匠分類』に記載されている分類番号を確認します。

そして、意匠公報テキスト検索の画面に戻り、今度は確認した意匠分類で再検索すると、最初に気になった商品に関連する意匠が検索されます。

検索によりヒットした意匠を見ていけば、気になった商品についてどのようなデザインが権利化されているのかが分かります。

このように既に権利化されている意匠をパラパラとみていくと、新たな発想が得られることがあるかもしれません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/15(土) 23:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。