カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
東芝の元技術者が研究データを韓国企業に不正に渡した疑い(不正競争防止法違反)で逮捕されました(→ニュース記事)。
フラッシュメモリーに関する営業秘密を不正に渡した疑いがあるとのことです。

コア技術をブラックボックスにし、リバースエンジニアリングして分かる部分、ブラックボックスの周辺やそのインターフェースについて特許を取ろうという戦略がよくいわれています。

しかし、まず、営業秘密に該当するには営業秘密になる要件を満たす必要があります。そして、営業秘密になる要件を満たしたとしても、今回のように一度外に出てしまうと情報はどこまで拡散するかわかりません。

そういった意味で、ブラックボックスをブラックボックスのままにしておくことは、並大抵の努力ではできません。

一方、ブラックボックスの一部についてでも特許を取得しておけば、仮に情報が流出したとしても何らかの手を打つことができる可能性があります(逆に、情報が流出することを想定し、特許出願でわなを仕掛けることもできるわけです。)。

営業秘密を営業秘密としてパーフェクトに抑え続けることができるのならよいのですが(例えば、コーラのレシピのように)、そうではないことも起こりうることも考えると、果たして、ブラックボックスだからといって何でもかんでも「特許を取らない」方針がよいのかというと、そうではない場合もあるのではないかとちょっと思います。時間の経過も考慮して、権利取得も視野に入れることも有効になる場合があると思います。

営業秘密を守るシステムを完璧にしたとしても、人の頭の中まで縛ることはできません。その「人」が企業外に出て行ってしまうことも考えると、企業内にいかにして「知財」を残し、第三者が勝手に使うことができないようにするかを考慮すれば、知財権だけでなく、知財、技能との複合が大切になってくる気がします。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/13(木) 23:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。