カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
MOTに行って以来、ドラッカーの著書は折に触れて読んでいます。その中で、ドラッカーの「現代の経営」には、専門職についていろいろ記載されています。

例えば、「彼らの仕事そのもの、仕事の基準、目標、視点が、専門家としての基準(中略)によって規定されるということであり、事業の外の世界で決められるという事である。」、「専門職の目標は、彼らに対しマネジメント的な視点を与え、彼らの仕事と事業との関連を明らかにするものでなければならない。」と記載されています。

ここでドラッカーが指摘している「専門職」は、企業内に「属している」ことが前提だと考えられます。企業内の専門職であれば、彼らにマネジメントへの参画を意味するような特別の仕事を与えることも比較的容易ではないかと思います。

一方で、私のような企業「外」の専門職が企業「内」専門職と同様の立場になることができるとは限りません。

しかし、「外」にいるからとはいえ「マネジメント的視点」を欠如していては、いくら「素晴らしい仕事ぶりがそれなりに評価される」としても、継続的にその「外」の専門職に仕事を依頼するとは思えません。

実際、弁理士も専門職に入ると思いますが、専門分野だけに携わっていればよいかというとそうではないと思います。お客さんのビジネスのことをきちんと把握しなければなりませんし、お客さんがおかれている環境やその環境が今後どのように変化するのかについても視野に入れなければ、良い成果を出すことはできません。

中には企業外部の専門職に対し、事業との関連を明らかにせず仕事を丸投げしてしまう企業もあるようですが、その様なことでは、企業が望む結果を得ることは難しいのではないでしょうか。

というのは、自らの仕事と事業との関連が分からない状態だと、専門職はその道の「専門家」ですので、「専門家」として事業の「外」で事業の目標とは「関係なし」に、自らの目標を定めざるを得ないからです(例えば、特許権がとれさえすればどんな内容でもよいとか)。

やはり知財の仕事というのは事業を支えるためにあると思うので、「専門家だからその分野だけやっていればよい」という態度ではなく、お客さんの事業と自分が行なっている仕事との関連を常に考えて動く必要があると思います。その点を忘れてはならないと思います。

もちろん、お客さんと信頼関係を築くことにより、なるべくお客さんの懐に入っていけるようにすることが前提ですが。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/12(水) 17:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。