カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

「特許法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されたとのことです(→経産省HP)。今回の改正は結構大きな改正が多く入っています。

特許異議申し立ての復活や、音や色の商標の採用、ハーグ協定関連の改正、それに弁理士法の改正などです。

特許面ではもちろん特許異議申し立ての復活が大きい改正になります。現状では他人の特許をつぶすには無効審判しかないのですが、無効審判は原則、口頭審理ですし、相手方と審判廷で直接顔を合わせることもあるので、(お客さん的には)あまり簡単には手を出せませんでした。

しかし異議申し立ては原則、書面審理ですので、無効審判よりはやりやすいですね。

今回の改正で地味?ですが実務上かなり助かる改正は、国際出願法の改正ではないでしょうか。

この改正では、「法制度に基づき特許の国際出願をする場合の他国の特許当局等に対する手数料について、我が国の特許庁に対する手数料と一括で納付するための規定の整備を行います。」とあります。

PCT出願する際、手数料の納付は現状、結構面倒です。それが特許庁に一括納付で済むのですから、正直、とても助かります。

こういった手続き面でユーザーフレンドリーな改正は、本当にどんどん行ってほしいと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/11(火) 23:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。