カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
  
自社製品やサービスについて何ら特許権等の知財権を取得していない状態で第三者がその製品やサービスを真似したとします。不正競争防止法や著作権法の範囲を除けば、自社に知財権が何もないので第三者の行為を知財権に基づいてやめさせることはできません。

ただ、自社製品やサービスというものは100%完璧な状態で長年そのままの状態を保つとは限らない場合があります。つまり、自社製品やサービスというものは日々改良されたり、市場や顧客の嗜好の変化に応じて変化させていくこともあると思います。

そうすると、いま現時点で知財権がなく第三者の行為を止めることができないとしても、改良や変化させた部分で徐々に知財権を取得していくことで、第三者の行為を将来的には抑制できることもあるのではないかと思います。

第三者が真似をするということは、裏を返せば自社製品やサービスに魅力があり、かつ、顧客からも支持されている面があるということです。

その様な自社製品やサービスであっても常に改良・改善は必要だと思いますが、改良・改善により更に顧客から支持されるというのであれば、改良・改善した製品やサービスについても第三者が真似をする蓋然性は高いでしょう。

すると、いま現在権利がないからといってあきらめるのではなく、自らの足元を徐々に固めた上で、第三者に対して権利行使するという戦略もあるのではないかと思います。

もちろん、権利行使だけではなく、市場自体を更に拡大させるべく取得した知財権を仲間づくりに使うことや、自社の「武器」を客観視させ、それを自社社員が自在に使えるようにすることにより、更に自社製品やサービスを良くしていくというような使い方もあると思います。

いずれにせよ、知財権を取得する、又は知財権を取得しないまでも知財権になりそうなものを把握し、それを文章等により見える化して活用することで、自社ビジネスや市場を活性化させる1つの方策が見えてくることがあると思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/10(月) 16:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。