カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
新しいサービスや商品をビジネスで使う場合、他社サービスや他社商品と区別するために新たなネーミングやマークを考えることが多いと思います。

その様なネーミングやマークについて、第三者に真似されないようにするための1つの方策として商標があります。

よく「このネーミングについて商標をとりたい」とのご相談を受けます。その際に、どのような商品・サービスにそのネーミングを使用するのか、そして、将来使用する予定があるのかを必ずお伺いしています。

というのも、商標登録する際には、商品やサービスのジャンル(「区分」と言います)を指定しなければならないからです。そして、商標権は指定した区分についてのみ取得できます。

ということは、例えば、「A」というネーミングについて商品「B」を指定して商標権を取得した場合、商品「B」と同一でも類似でもない商品「C」に「A」というネーミングを使った場合には商標権の効力が及ばないということです。

そして商標は、3年間使用しないと「不使用」ということで第三者が取消審判を請求し、商標権が取り消される場合があります。

そうすると1つのネーミングを様々なサービスや商品に使用したい場合、指定した商品にネーミングを使うことが要請されている点を忘れてしまうと、後々大変なことになってしまうので注意が必要です。

また、商標の使い方も適切に管理していかないと、せっかく取った商標が普通名称化してしまう可能性もあります。

権利をとってからも勝負です。
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/07(金) 11:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR