カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
ある商品や製品を作った場合、その外観に特徴があることがあります。その外観、つまり「デザイン」も知的財産権で保護することができます。

それが「意匠」です。

しかし、「意匠」は原則として「物」のデザインですので、どのような「物」にそのデザインを使うのか?を規定して意匠登録出願する必要があります。

様々な物の一部分に適用可能な特徴的なデザインを仮に考えたとしても、その特徴的なデザインを適用する「物品」を特定しなければなりません。つまり、外観だけで意匠登録出願することはできないのです。

例えば、現在、手元にある「物品」にその特徴的なデザインを適用して意匠権を取得したとします。

その後、その「物品」とは「異なる物品」にそのデザインを適用した商品を作ったとします。この場合、既に取得した意匠権はあくまでも先の「物品」の意匠権ですので、「異なる物品」にまでは権利範囲は及びません。

従って、様々な物品に同一の(部分的な)デザインを適用する場合、その商品の市場動向や商品寿命等を考慮して、意匠登録出願の戦略を練る必要があります。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/03/06(木) 14:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。