カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
先端技術が紹介されるような学会等に行くと、ものすごく高度な技術が紹介されていたりします。技術自体はとても面白く、特定分野の技術者からすれば「そんなにすごいことができるのか!」と思ったりすることも多いと思います。

しかし、そのような技術が世の中に普及しやすいかというと実はそうでもないことが多いような気がします。

技術的には非常に高度であっても、では、その技術を世の中で実際にどう使うのか?そもそも、どのような「価値」を世の中に提供するのか?等を考えていないと、高度な技術の持ち腐れになってしまいかねません。

似たような例として、例えば、DVDレコーダー等を考えればわかりやすいかもしれません。最近のDVDレコーダーは非常に様々な高機能が多く付いています。そのようなレコーダーのリモコンには、これまたたくさんのボタンが付いています。

一般需要者からすれば、どのボタンにどのような機能があるのかなんて覚えることはできません。結局、いつも使うボタンはほぼ特定されてきてしまいます。

つまり、技術者が高機能であるとか優れた技術であるとか考えていることと、その技術を実際に利用している人が求めている価値との間には大きな隔たりがあることがあります。

実際に技術を利用する人からすれば、たとえば、「簡単な操作で見たいものをすぐ見ることができる」という機能がありさえすればよいので、極端な話「枯れた技術のみ」でそのような機能を実現できるかもしれませんし、ボタンの数を大幅に減らすこともできるかもしれません。

技術的に優れているからといって実際に技術を利用する人のことを考えていないと、「なんでこんなに技術が優れているのに!」と思ってしまうかもしれません。

知的財産権もそのようなことを考えた上で取っていかないと、権利はあるけど使えない…ということになるかもしれません。

そのようなことにならないようにするためには、技術だけではなく実際のビジネス環境や顧客のことを理解する努力が必要です。

いつも走りながら考え続けます
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/28(金) 18:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。