カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
良いアイデアがあったとしても、それがビジネスに実際に結び付くか否かは自分だけではなかなか分かりません。その場合、興味を持ちそうな会社にアイデアを持っていって、意見を聞くことがあります。

しかし、この際に注意すべき点があります。

もし秘密保持契約を結ばずにアイデアを相手に示したとします。そして、そのアイデアが実際に、ビジネス上有用なアイデアだったとします。

相手方は内心(よいアイデアだなぁ)と思っていたとしても、「そんなアイデアではねぇ。売れないんじゃないですか?」と言ってきたりします。

その話を真に受けてしまうと、気が付いた時にはその相手方がアイデアを盗んでビジネスを進めてしまうことがあります。

それを防止するためには、秘密保持契約を結ぶことが考えられますが、更には予め特許出願しておくことも考えられます。

もちろん、特許出願しても権利が取れなければしょうがないのですが、出願中であれば将来権利になる可能性があるので、相手方としても簡単にアイデアを盗むことはできません。

良いアイデアだ!と思っても、すぐに第三者に見せる前に、一度、秘密保持契約や特許出願も考え、その上でビジネスを進めてみたらどうかと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/22(土) 10:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR