カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

ニコンがシグマに対して自社の「手ぶれ補正機能」に関する特許を侵害しているとして損害賠償請求訴訟を提起し、2月14日に東京地裁で勝ったそうです(つまり、シグマがニコンの特許を侵害していると判決されました。)。(参考HP。2014年2月15日検索)

ただ、ニコンが求めた損害賠償額(約124億)よりはかなり低い賠償額(約16億)になっています。裁判所は、今回ニコンが主張した特許だけでは「手ぶれ補正機能」は実現できず、他の様々な機能も合わさって初めて「手ぶれ補正機能」が実現できると判断したためです。

このように、1つの製品が1つの特許だけで成り立つということは、医薬品や化合物等の分野を除いて多くはありません。特に、電気製品、電子製品、機械製品等は実に多くの特許権が組み合わされてできています。

デジタルカメラ1つをとっても、今回の「手ぶれ補正機能」以外にも様々な機能が搭載されています。その様々な機能のそれぞれにも特許権があったりしますし、画像処理に関する特許権や、CCDに関する特許権もあったりします。

そして、デジタルカメラの「デザイン」については意匠権がある場合があります。更には、デジタルカメラの「ネーミング」については商標権もあるでしょう。

このように、たった1つの製品を見ただけでも、実に多くの特許権があり、また、意匠権、商標権もあります。1つの製品を成り立たせるためには、多くの知財権もその陰で支えているということですね。

そして、私のように多くの弁理士は、その知財権を陰で支えることで、皆さんのビジネスを下支えしているということになります。

縁の下の力持ち
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/16(日) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR