カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
特許電子図書館(IPDL)というものがあります。日本に出願された特許、実用新案、商標、意匠についてネットにつながりさえすれば、だれでも無料で検索することができるシステムです。

IPDLには特許調査や商標調査を筆頭に様々な側面がありますが、その1つに『技術の履歴書』という側面もあるのではないかと思います。

IPDLでは発明者をキーワードにどのような特許が出願され、実際に特許になっているのかを調べることができます。したがって、ある発明者(同姓同名の場合は、出願人もキーワードとして入れた方がいいでしょうね)の名前で検索すると、その発明者のこれまでの開発成果が特許出願という形で見ることができます。

もし自分が開発者・発明者であれば、日本がなくならない限り半永久的に自分の技術成果をIPDLが特許公開公報や特許公報という『技術の履歴書』として管理してくれることになりますね。

また、もし学生さんが大学在学中に大学の先生と共に特許出願していれば、IPDLにおいて名前で検索するだけで自分が発明者である特許出願の公報が出てくるわけなので(もちろん、出願日から1年6月経過後ですが)、就職活動時にアピールする1つの材料にもなり得ます。

IPDLでは出願人、発明者、代理人、審査官(審査を経たもののみ)等で検索をすることができます。気になるあの会社はどのようなことをやっているのか?業界で有名な技術者はどのような出願をしているのか?等をIPDLで検索してみると面白いかもしれません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/13(木) 12:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。