カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
ちょっと小耳にはさんだのですが、中小企業向けのセミナーかなんかで「ホームラン特許」を狙いましょう、という様な話をしている人がいたそうです。

「ホームラン特許」とは何ぞや?と思ったのですが、つまり、一発当てることができる特許というような意味のようでした(一発当てて金銭的に大もうけ、という意味ですね。)。

医薬品の分野なんかでは1件の特許だけでビジネスが成り立つような場合もありますが、ほとんどの分野ではたった1件の特許でビジネスが成り立つというようなことはまずないのではないでしょうか。

ビジネスは特許だけで実行できることはなく、サプライチェーンをどうするのか、マーケティングはどうやっていくのか、その中で販路はどうするのか、そもそもどのようなコンセプトを作り、どのような事業戦略を立て、どのような実行計画に落とし込み、最初の資金はどうするのか等々、いろいろと考えなければなりません。特許や商標、意匠等の知財は、その様にいろいろと考える中で、では、ビジネスを有効にしていくためには知財をどう見出し、どういった射程で権利化するのかしないのか、どう活用すればよいかを考えて使っていくという点で、ビジネスを支える多くの柱の中の「1つの」柱にすぎないのだと思います。

ホームランバッターが一人だけいても9人揃わなければそもそもゲームにならないのと同様です(しかも、どんなに優れたホームランバッターでも、打率10割の人はいません。)。

おそらく洗濯ネットのような成功例が頭にあるのだとは思いますが、一発逆転を狙って資金を無駄にするよりも、やはり、戦略を立て、着実にこつこつと実行していくようにして、努力することの方が重要なのではないかと思います。

その様な着実な歩みをサポートします。
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/09(日) 20:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。