カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

報道にもあるように(→例えば、これ)、特許・意匠・商標法及び弁理士法の改正が検討されています。異議申し立ての実質的な復活をはじめ、商標法では「動き」や「音」といったようなものを新たな保護対象に加える改正が検討されています。

報道では、「中小企業などが温めているアイデア段階の技術を含め、権利化を見据えた相談を受けることを「業務」として位置付ける」とありました。

そもそも私のような弁理士は昔から当然にそのようなことを行っています。ただし、この業務、本当に適切に実行するには弁理士側が多様な技術的視点、法的視点を持つだけでなく、経営視点、財務の始点、マーケティング視点等も身につけている必要があるのではないかと思います(と言いますか、ある意味、必須でしょうね)。

単に「権利化」するだけなら(誤解を恐れずに言えば)、先行技術を回避するような限定を加えて良い効果が奏されていることを示す記載を工夫することや、特許庁の拒絶対応で色々工夫(画策?)すること等で結構権利化しやすい面があります。

しかし、「権利」というものは持っているだけでは意味をなしませんし(どう使うかがポイントです)、そもそも目的が「権利化」になってしまうと、弁理士側がやっていることと中小企業のニーズとにミスマッチが生じてしまうケースもあるのではないでしょうか。

企業が望んでいることは第一義的に権利化ではなく、ビジネスがうまくいくこと顧客から自社が選択されることだと思います。そのために事業戦略、マーケティング、ファイナンス、人事、外部との連携、そして知財等々を多面的に考えていくことが必要で、あくまでも知財はそのうちの1つにすぎませんし、特許権等の「権利」も知財の中の1つにすぎません。

顧客から選択される企業になるためには実にさまざまなことを検討し、実行する必要があります。この点を見落としてしまうと、権利はあるけどビジネスがうまくいかない、ということになりかねません。

それに、「アイデア段階」では実は遅い場合があります。遅くとも、その前の「コンセプトを創造する段階」から関わることが本当は重要だと思います。そもそもコンセプトをきっちり理解していないと、なぜそのようなことが必要で、どのようにブランディングしていくのかがわかりません。コンセプトを理解せずに知財業務をすることは、結構まずい気がします。

多くの弁理士は大丈夫だと思いますが、中には権利化にしか目にいかない方もいるかもしれません。そうすると、本当にビジネスに役立つ知財の使い方、権利の取り方、権利の使い方を考えずに権利だけ取ってしまいかねません。

実際、お客様のビジネスをいろいろ考えて業務をしていくと、必ずしも権利化だけが弁理士の仕事ではないことが分かります。いわゆるコンサル業務に近いかもしれませんが、特許出願1件いくら、というような仕事だけではないのです。

弊所では実務やMOTでの経験をもとに、実際の事例から、どのようにしたら知財を用いて顧客に選択されるようになるのかを日々検討しています。将来的には論文でも書けたらとは思いますが、オンゴーイングのものは公開できませんので、書けたとしても遠い将来のことになるでしょうね~。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/07(金) 12:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。