カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
京都大学がIPS細胞の特許競争に勝つことができた1つの理由として、京都大iPS細胞研究所(サイラ)の存在があります。このサイラの高尾氏は、研究進捗階に足を運び続け、研究者から色々と声をかけられるようになったそうです(→参考記事)。

そして、その結果、研究成果を世に還元するという考え方に研究者の意識が変わったそうです。

研究成果を世に還元する手段の一つとして特許出願があるわけですが、「技術を広めたいからこそ特許を考える!? 」でも述べたように、社会に技術を広めたいからこそ特許を取得する、ということもあるわけです。

研究者や開発者の本業は研究開発ですので、ついつい研究開発にのみ目が行ってしまいますが、その成果が世の中に使われてこそ研究者、開発者の努力が本当の意味で報われるのではないかと思います。高尾氏はもともと研究者だったとのことですが、そのようなことも考えていたのではないかなぁと思います。

翻って知財を扱う弁理士としては、研究者・開発者といかに密にコミュニケーションを取り、かつ、いかに密に経営者とコミュニケーションを取ることができるかが、お客さんのビジネスを少しでも良くすることに関わってくるのではないかと思います。

技術の優位性ばかりに目がいった状態で知財権を取ったとしても、それが世の中に使われるような内容でなければ意味がありません。お客さんのビジネスをよく分かった上で知財権を取るのかとらないのか、取るならどのような権利を取り、どのように使っていくのかまで考えることが大切だと思います。

このようなことを弁理士がやろうとすると、弁理士がお客さんのビジネス、技術、そして想いを分かっているか?分かろうとするか?が重要になってきます。そのためには小回りのきく弁理士や知財事務所がもっと頑張らなければならないですね。


納得いくまでコミュニケーションを取ります
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/02/06(木) 17:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。