カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
長く事業をし、顧客から信頼が得られると、「ここだったらこういうことをやってくれる」とか「ここの商品なら間違いがない」というような信用がその企業に徐々についてきます。

このような自社に対する信用や信頼は一朝一夕には培うことは困難ですが、一度構築されるとビジネス上とても強い武器になります(その分、きちんと守っていくいことに気を使う必要はありますが)。

その様な信用や信頼がまだ大きくない企業はどういうきっかけを利用するとよいのでしょうか。

1つ考えられるのは、デザインです。

デザインは、ある意味、見た目ですぐ把握できます。そうすると、特徴のあるデザインを創り出せば顧客の目に留まりやすくなり、その分野であまり認知度が高くなくても、認知度が高まりやすくなります(もちろん、きちんとマーケティングした上で、どのようなターゲットにどのようなデザインをぶつけていくか等々、デザイン以外にもいろいろと考える必要はあります。)。

そう言った点でデザインは有効な武器だと思います。

もちろん、デザインを支える実体は必要ですが、技術の場合、技術は使ってみて初めて良いか悪いかが分かるという点で時間がかかる一方、デザインには即効性があります。

事業戦略にもよると思いますが、自社の認知度をなるべく早く高めたい場合には、デザインの活用も一つの手段ではないかと思います。

デザインについてはこのブログも参考になります↓
今治タオルを通して「デザイン」を考える


今知的財産事務所
ビーエルエム弁理士事務所
スポンサーサイト

2014/02/05(水) 23:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。