カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
仕事が仕事だけに、特許相談をよく受けます。その場合に、単にこんな発明はどうか?というだけではなく、事前に確認しておくと後々に役立つことがあります。

それは、なぜその発明が必要なのか?という視点です。
そもそも、その発明を創出した際には何らかの実現したい「想い」があるはずです。

その様な思考を整理するためにお勧めの本があります。

それは、「顧客創造 実践講座 ケースで学ぶ事業化の手法」です(→アマゾンのページはこちら)。

私がMOTに行っていた時のゼミの恩師である宮永先生の本です。
後は、マーケティング思考も重要なので、マーケティングの本(コトラーでもよいのですが、もう少しやさしめの本でもよいです)も必要です。

例えば、宮永先生の本では、基礎研究と技術開発の間に顧客の視点で「製品コンセプトの創造」をするステップの重要性を説いています。その他にも、戦略を立てたらアクションプランに落とし込むことや、将来顧客だけでなく競合や納入業者から新鮮な情報を取得すること、顧客を特定し、その顧客のボトルネックを探すこと等々、顧客創造に重要なことが分かりやすく書かれています。

この本を読みつつ、特許をとる意味は何か?をよく考えておくとよいと思います。

つまり、よく言われるように特許は取得しただけでは意味がありません。どのようにして自分が考えた製品や商品を世の中に出していくのか、どのようにして売れるようにするのか、どのようにして顧客が望む価値を提供するのか等々いろいろと考えることがありますが、それらと特許、意匠、商標をからめて考える必要があります。

そして、特許や意匠、そして商標を取った後も重要です。

例えば特許を取った後、初心に帰り、なぜ発明をしたのかを思い出し、顧客に対して「想い」をぶつける様にするとよいのではないかと思います(それが製品コンセプトからブランディングにつながっていくのではないかと思います)。

このようなプロセス、自分たちだけではなかなか、という場合は弊所及び弊所と協力関係にあるビーエルエム弁理士事務所がお手伝いします。

今知的財産事務所
ビーエルエム弁理士事務所
スポンサーサイト

2014/01/30(木) 11:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。