カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
デザインの専門家ではないのではっきりしたことは分かりませんが、ある物のデザインを考える時にデザイナーはどのように思考するのでしょうか?

素人ながらに考えると、何らかの課題(これまでの問題点やデザイナーが実現したい想い)があり、それを具体化するためにデザインを考えるのではないかと思います。

そして、その課題、何らかの「機能」を実現したいという課題である場合もありそうです。

例えば、脊髄等の損傷により手や腕に障害(指がうまく動かないとか、握力が非常に弱くなってしまった等の障害)がある人がいるとします。その様な人がスプーンやフォークを使おうとしても、通常のスプーンやフォークではうまく使うことができない場合があります。

実際、私の知人は知り合いが上記のような状況になってしまったので、どうしたらよいか?と考えたそうです。そこで、スプーンの柄に輪ゴム等を巻きつけて柄を太くし、握力や指の力が弱い状態で柄を持ってもスプーンがあまり回転しないようにしました。

これはかなりうまくできたようで、握る力が弱くても、うまくスプーンを使うことができるようになったとのことです。

つまり、柄を太くしたり柄の材質を変えたりすることで、その様な障害を持っている人でもスプーンやフォークをうまく使うことができるようにしたい、という要望が世の中にあるということです。

ネットで調べてみると、その様な人向けのスプーンや箸等の『自助具』が販売されていることが分かります。そのような市販品は、デザイン的にも良さそうなものが多くあります(知人は、ネットでその様な自助具が販売されていることを初めて知り、「やっぱり同じように困っている人がいるんだ!」と納得し、結局、市販品を購入していました)。

この例は機能面から考えていく場合だと思いますが、機能を突き詰めていくと結果として良いデザインが生まれることがありそうです。

デザインというと「見た目」だけに着目されがちですが、何らかの優れた「機能」を発揮するような「モノ」を考えていくと、デザイン的にも優れたものができることがあります。デザインが技術的なアイデアを実現する過程で創作されていくというプロセスがありそうですね。

このように、デザインと機能、すなわち技術的アイデアとはとても密接に結びつくことがあるのではないかと思います。技術的アイデアは「発明」ですから「機能面」は「特許」の範疇になります。そして、「デザイン面」は「意匠」の範疇になります。優れたデザインはその裏に優れた機能があることも多く、特許と意匠とで重畳的に保護することを視野に入れることができます。

優れたデザインや優れた機能を有した商品は、デザインや機能が優れていればいるほど、特許や意匠で適切に保護されていないとすぐに模倣されます。最初に考えた人の優れたデザインや優れた機能が「そのまま」模倣されるのであればまだしも、安価にするために「いい加減に」模倣されてしまった場合、困るのはその様な商品を買う人たちです。

せっかくいま悩んでいることを少しでも解決してくれる!と思って購入したのに、「いい加減」に模倣された結果、本来望んでいた機能が発揮されないことがあるからです。

こうなると、最初に考えた人が心に抱いていた想いや志(例えば、障害のある人を手助けしたいという想い)が蔑にされかねません。そういった意味でも、デザインを考えた際、デザインだけでなく機能にも着目し、意匠権や特許権での保護を考えることが重要になってくる場合があるのではないかと思います。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/01/23(木) 06:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。