カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
通常、特許出願をし、出願と同時に出願審査請求したとしても、特許庁から何らかのアクションがあるまでは出願から約2年かかります。

それでは遅い!ということで、日本には「早期審査」の制度があります。この制度を活用すれば、通常よりも早く審査結果を得ることができます。

特許庁のホームページによると、2012年の実績では、早期審査を申請した出願の平均審査順番待ち期間は、早期審査の申請から平均約1.9か月とのことです。

私の実感としては、ほとんどの場合、待ち期間は1カ月程度という感じです。ただ、なかには2カ月を過ぎてもアクションがない場合もありますが。。。。

ところで、あるお客さんで早期審査を申請する場面がありました。
早期審査を申請することができる出願としては、
(1)実施関連出願
(2)外国関連出願
(3)中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願
(4)グリーン関連出願
(5)震災復興支援関連出願
(6)アジア拠点化推進法関連出願
があります(詳細をお知りになりたい方はお問い合わせください。)。

そのお客さんはかなり有名で街中でもよく見かける商品・サービスを提供しているので、私はてっきり「大企業」だと思い、『実施関連出願にする必要がありますね。』とご説明差し上げました。

しかし、そのお客さんから『なぜ中小企業の出願ではないのでしょうか?』とご質問を受け、そのお客さんの会社概要を確認してみたところ、、、、特許庁で規定する中小企業だったのです!

私はそのお客さんが中小企業だとは思ってもみなかったので、『申し訳ありません。てっきり大企業かと思っていましたが、確かに中小企業に該当します。』とお詫びしたのでした。

本当に当たり前のことですが、中小企業といっても本当に様々あり、中小企業だから市場におけるプレゼンスが低いとか、売上が低いとか利益率が低いとかという話ではなく、どのような市場に進出し、どのようなビジネスモデルを採用し、そして、どのような意識でビジネスを進めているか等により、なかには大企業並みに有名で高い利益率を達成している中小企業さんもあります。

いずれにしても、お客様が大企業か中小企業かをしっかり確認する必要がありました。反省です。


早期審査のメリットをビジネスに活かす方法があります
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2013/12/12(木) 10:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。