カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
先日タイの企業、法律事務所に訪問させて頂いた際、手ぶらで行くわけにもいかないのでプレゼンをしてきました。来年からタイと日本との間で特許審査ハイウェイが始まることと日本の早期審査とを絡めた内容のプレゼンにしました。

というのも、タイに行く前にタイの特許の実態について調べた結果、タイでは出願から権利化まで10年程度かかるという情報を得たからです。それなら、なるべく早く権利化する方策に興味があるのではないか?と考え、上記のようなプレゼンにしました。

実際にプレゼンした後、企業の方からは、権利化まで10年もかからず出願から権利化まで5~6年程度であると指摘されました。一方、法律事務所でプレゼンをしたときは、やはり10年ぐらいかかるとのこと。

当たり前ですが、技術分野によってかなり大きな時間幅があるようです(ただ、某セミナーではどんな分野でも10年以上かかると聞いていたもので。。。やはり、現地で直接話を聞くに如くは無しですね。)。

日本の早期審査と特許審査ハイウェイとを絡めたプレゼンについては、企業の方も法律事務所の方も興味を持って頂いたようで、プレゼンをした身としてはホット一安心、という感じでした。

日本だけでなく海外の知財制度についても常日頃、きちんと追いかけておく必要性が今後ますます高まると思います。日本では海外の最新の知財制度(特に、東南アジアや南米)について解説している書籍等はあまり見受けられないので、私は、直接的に学べる機会を積極的に活用しています。

今知的財産事務所

スポンサーサイト

2013/12/11(水) 14:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。