カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
以前、「すぐれた中小企業は知られていないだけでいろいろある!」で少しお話した中小企業さんに、先日、再びお話を伺いに行きました。

この中小企業さんは自社に舞い込んできた「こんなものが作れないか?」という要望を、自らの技術、技能、アイデアで解決してきました。しかも、これまでの製品より性能が段違いに良いモノとしてお客さんに提供してきたので、お客さんは「感動」するわけです。その結果、困難なものとはいえ、仕事がどんどん舞い込むようになっていきました。

しかもすごいのは、舞い込んできた要望を解決した後、「お客さんはもっとよいものを要求するようになるだろう」と考え、もっと良いモノにするにはどうすればよいか?をお客さんからの要望がくる前に考えて開発を続けていることです(町工場であってもできるんです!)。

これは、最初は目に見えるニーズに応えているだけなのですが、それと同時に環境の変化や技術動向を考慮し、顧客のまだ目に見えていないニーズに応える製品に向けて研究開発を進めている、ということになります。単なる下請けから脱却する場合に必要なポイントの一つではないかな、と思います。

そして重要なのは、この中小企業さんが有している視点です。

この中小企業さんは、どこかの企業さんが何か困ったことを持ち込むことを「情報収集の機会」として捉えている一面があります。これまで自社内にはなかった知識を習得するきっかけにもなっています。つまり、この中小企業さんにとって「こんなものが作れないか?」という要望が持ち込まれることは、仕事につながるという面だけでなく、いま現在世の中で必要とされているものは何なのか?自社に足りない技術・知識は何なのか?、そして、世の中のためになるものなのか?というようなことを考えるきっかけになっています。

ただ、このような視点を持ち、情報を活用するには常日頃の努力が必要です。舞い込んできた仕事が世の中にどのような影響を与えるのか?自分たちの仕事や生活にどんな影響を与えるのか?等を考えるには、情報を常に収集し、収集した情報を頭の中で咀嚼しておく必要があります。そして、情報を活かすための仕組みを企業内に構築する必要もあります(大げさなものである必要はありません!)。

実際、この中小企業さんでは、毎朝の朝礼(これが仕組み!)で収集した情報(なんでもいいんです。例えば、新聞の社説でも)と、それに対する考えを発表する場を設けています。

MOTの研究中なのでまだまだ考察不足ですが、とても良い企業さんと知り合いになれたなぁ、とつくづく思います。そして、いざ仕事が舞い込んできたときのために、常日頃の努力、地道にコツコツと続けていく努力が本当に重要なのだなぁ、と感じています。

見習わなければ!!



今 知的財産事務所
スポンサーサイト

2011/09/15(木) 11:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。