カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
「テクニカルライティング」、「テクニカルイングリッシュ」、あるいは「テクニカルコミュニケーション」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

何か?と言えば、端的に言うと「こちらの伝えたいことを相手に誤解なく伝えることに主眼を置いた英語」のことです。(日本語でもありますが、ここでは英語中心で記載しています。)

私がテクニカルライティングに出会ったのは結構前で、大学の学部生の時です。その時、たまたま篠田義明先生の講義をとったのがきっかけです。テクニカルライティング自体の詳しい内容はともかくとして、いまでも鮮明に覚えているのが『ワンワード・ワンミーニング』です。

ある日本語の用語と英語の用語とは一対一対応になっており、適切な用語を対応させなければ相手方に誤解を与えかねない、ということをキャッチフレーズ的に示した言葉です。

日常英会話などでは用語を的確に使わなくても何とかコミュニケーションをとることはできます。しかし、例えば、契約書の作成とか特許明細書の作成において適切な用語を使うことができなければ、後で痛い目を見ることになりかねません。そのため、テクニカルライティングはとても役に立つと思っています。

世の中ではTOEICや英検の方が有名ですが、企業に勤めている人、特にエンジニアの方々にとってテクニカルライティングは、実務上、かなり有効ではないかと思います。もちろん、TOEICや英検とテクニカルライティングが全く異なる、というものではありません。むしろ、「英文って、こんなにスリムにできるんだ!」というように、これまでTOEIC等に慣れてきた方々にとっては新鮮な視点に触れることができるのではないかと思います。

しかし日本には、テクニカルライティングに関する書籍も教育機関も少ないのが現状です(徐々に大学等では増えているようですが)。そんな中、エルコミュニケーションズさんはテクニカルライティングの普及に取り組んでおり、私も応援しています(と言いますか、特許翻訳をすることもある私としては、きちんとテクニカルライティングを勉強しなおさなければならないなぁ、と思っており、エルコミュニケーションズさんを頼りにしているわけですが。)。

先日もエルコミュニケーションズさんのTEN(Technical English Network)に参加してきました。様々な意見交換をすることができ、もう3時間経ってしまったの!?というぐらい有意義な時間でした。
(エルコミュニケーションズさん、今後もよろしくお願いします<(_ _)>)


今 知的財産事務所
スポンサーサイト

2011/09/12(月) 10:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。