カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
先日、とあるお店をぶらぶらとしていたら、ふとある製品が目に入ってきました。

それは「計量カップ

一見してどのような機能があるかが分かりますが、デザイン的にも優れています。この計量カップを作ったOXO社はユニバーサルデザインを常に意識しているそうです。料理道具など日用品をプラプラ見ているとこのような「いいデザインだな」というような製品がよく目に入ってきます。

企業の人にとっては、このような製品を作るとついついデザインにのみ着目してしまいますが、その製品をよくよく見てみると、実は技術的に優れた点が隠れていたりします。先ほどのOXO社の計量カップも、一見して技術的に優れている点があることが分かります。

実際にこの計量カップについては米国で特許が成立しているようです。

デザインについて意匠権を取得することで競合をけん制することができますが、デザインは結構簡単に変更できます。したがって、意匠権だけだと事業競争力を維持するうえではちょっと足りない場合があります。

しかしここで特許権を併せて取っておけば、技術的なアイデアが同じであればデザインを変えても競合をけん制することができます。

デザインに優れているものの中には技術的に優れた面も隠れている場合があります。競合に簡単にまねされないためにも、デザインを考えた際に技術面や機能面で何か優れている面がないかどうかをよくチェックする習慣を持つとよいかもしれませんね。


今 知的財産事務所
スポンサーサイト

2011/08/22(月) 22:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR