カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
中小企業にとって大企業と引けを取らない資源と言えば『アイデア』があります。以前インタビューに伺ったとある中小企業では、社長が社員に対し、「どんどん意見を言え!」とはっぱをかけているとのことでした。

しかもその中小企業の社長さんは、常に『現状がベストではない!』と言い、『まだいい何かがある可能性がある。ここまでだと思ったら止まってしまう!』、『物事を疑問を持って見ろ!』と口酸っぱくして言っているとのことでした。

例えば、QC工程表。もっとよいやり方があればいつでも変えてよいようにすることで、常に工程を磨くことができます。つまり、人間が工程表という紙に合わせて動くのではなく、紙を人間に合わせるようにしていました。

もちろん、社員からの意見を採用するか否かは社長が判断します。したがって、その社長さんは、社員が社長に意見を言いやすいように常に敷居を低くするように意識しているとのことでした。

なぜならば、企業のトップは「孤独」であり、ややもすると「裸の王様」になってしまいがちだからです。しかし、トップが高い意識を有し、常に社員からの意見を聞こうとする意識を持って行動することで、社員から有用な意見が出てきやすくなるのではないでしょうか。

中小企業はトップの意識により良くも悪くもなります。しかし、独りよがりなトップ、唯我独尊的なトップでは社員はついてきません。そうならないようにするトップの強い意識と共に、トップの柔軟な姿勢が重要になってきます。

言うは易し、行うは難し。しかし、それを実践できるかどうかによって中小企業の将来が決まるのではないかと思います。

そうなってくると、トップが「高い意識を持て!」と言うことになりますが、トップも人間です。なかなか高い意識を持ち続け、走り続けることはできません。

そのような場合、やはり何らかのシステムが有効になってくると思います。

それは「横のつながり」です。例えば、企業間ネットワーク、特に、中小企業のトップ同士のネットワークです。定期的にトップ同士が集まってお互いに話をすることにより、自分の立ち位置を客観視することができます。もちろん、堅苦しい議論をする必要はなく、単に集まってお互いの考えを聞きあうだけであっても得るものは多くあり、そこから省察が進んでいきます。

また、同業だけでなく、異業種(例えば、自社にとって供給の立場にある企業や補完の立場にある企業)とのネットワークも自らを客観視するには有効です(もちろん、単なる名刺交換のような交流は無意味です!)。

東京都など行政主導のネットワークだけでなく、大田区などには民間によるネットワークも数多くあります。あるいは社会人大学院や勉強会など。そのようなネットワークに入り、自らを省察することが「孤独なトップ」にとっては結構、重要なのではないかと思います。


今 知的財産事務所
スポンサーサイト

2011/08/04(木) 13:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR