カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
先日インタビューさせていただいた中小企業さんのお話の中で、自社で創出したアイデアや技術をどのように取り扱っているのかについても聞いてみました。

基本的には秘密保持契約を結んだり、製品を見てその構造が分かってしまうようなものは特許権の取得を目指すということでしたが、見習わなければならない、と思ったことがありました。

それは、秘密保持契約を結ぶ時の意識の持ち方、話の持って行き方です。

その中小企業の社長さんは、自らの技術やノウハウが外部に流出してしまうことだけを考えるのではなく、相手企業の立場をよく考えていました。つまり、『あなた方にも秘密があるでしょう。私たちにも秘密があります。だから、お互い秘密保持契約を結んだほうがよいのではありませんか?』というような感じで話をしていくとのことでした。

この社長さんは、自分を中心にするのではなく相手の立場もよく考えていたのです。すなわち、結果として、一歩引いてビジネス全体を眺めた上で自社と相手企業との双方にとって有益になることを考えていたのです。

これは一見「当たり前」のことのように見えます。しかし、人間の性は弱いもの(性弱説)。ついつい自分を中心にして自分のほうがより優位に立てるように、自分のほうにより多くの利益がくるように考えがちです。それなのにこの社長さんは相手方のことも考え、結果的にビジネス全体がうまくいくように行動していたのです。

私も弁理士で、企業さんの代理人をする立場にいる訳ですが、通常は「ビジネス全体」を意識してはいても、やはり自分が代理しているお客様の方を優先して考えてしまいます。それはそれでよいというか、当然なのですが、一歩引いてビジネス全体を眺めてみることも必要であり、そうすることでより自分のお客様のビジネスが円滑に進み、うまくいくようになることもあることを改めて感じました。


今 知的財産事務所
スポンサーサイト

2011/08/02(火) 10:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR