カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
一口に中小企業といっても様々です。資本金、従業員数の違いもさることながら、技術分野や得意技術も異なります。

そして、当たり前なことであるにもかかわらず、けっこう盲点になっている点があります。

それは、中小企業の特質が地域によってかなり異なっているということです。

例えば大田区の中小企業は、いわゆる地方の中小企業とは異なっています。

何かの仕事が来たときに、たとえその仕事が自社で100%はこなせない場合でも、どこと組めばよいかがすぐに分かるほど、横の(ゆるやかな)繋がりがあったりするのです。

したがって、小ロットの仕事でも素早く対応することができます。

一方、地方の場合はなかなかそうはいきません。横のつながり、というほど物理的にも心理的にも「近い」つながりをなかなか築くことができないからです。そうなると必然的に、地方の中小企業では、本当にその企業一社でしか作れない品を、ある程度の量を注文してくれないと事業的に苦しくなってしまいます。

また、ある地区内の中小企業の中であっても、その技術力にはかなりの格差が存在していることに今回は気がつきました。

技術力があるところにはあるのですが、ないところは本当にないのです。

加工装置を購入すれば東アジアの海外企業でもそこそこのモノを作ることができるこの時代に、技術力がないところは今後生き残っていくことはかなり厳しい、というお話も聞きました。

一方で大企業は大企業でやはりしたたかです。

試作品は日本の中小企業で作ってもらったとしても、量産になると海外企業に頼んだりしています。

日本の中小企業の技術力は優れており、精度も非常に高いのですが、量産品ともなると、実は、そこまですごい精度は必要ありません。したがって、大企業において量産段階になると海外に仕事を出してしまう、ということが本当によく起こっているのです。

技術力が高いことだけが必ずしも事業的に良いことだ、とは言えないのだと気付かされたのでした。

しかし、やはり中小企業を支援したいと考えている私の立場からすれば、中小企業さんだけでなく、中小企業と大企業との付き合い方についても深く考えなければ、、、と思ったのでした。

スポンサーサイト

2011/06/21(火) 18:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR