カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
中小企業に行って必ず言われたのは、「弁理士の費用が高い!」ということでした。

以前も書きましたが、たった1件の特許出願の費用であっても中小企業にとっては相対的に大きな金額なのです。

いまのところ、ほとんどの弁理士が出願時に費用を頂く収益モデルを採用しています。ためしに他の収益モデルを提案してみたところ、「それなら利用したいねぇ」という方もいらっしゃいました。

しかし、その前提として必要となってくることがあります。

それは、ビジネス全体の流れを把握できること、その企業が抱えている本当の課題を把握できること、そして、ビジネス上のアドバイスができること、です。

実際、中小企業の皆さんはビジネス全体についてのサポートを欲しています。

中小企業さんの中で弁理士に接したことがある方々は、弁理士の多くはいわば「特許バカ」であり、立派な文章は書くけれどもビジネスの一般的なことすら何も口にすることができない、といって不満を持たれています(なぜか皆さん、本音を語ってくれました。ありがとうございます。<(_ _)>)。

もちろん、戦略コンサルタントのように深いところまでのアドバイスは求めていません。

しかし、弁理士も、何が問題であり、誰に何を聞けばよいかぐらいの選択肢は提示して欲しい、というのがどうやら中小企業の本音のようです。もちろん、選択肢を提示するのは「弁理士」である必要はありませんが、弁理士が中小企業さんと仕事をする場合、それができないで知財を振りかざしても不信感が増すだけでしょう。

いずれにせよ、はじめから「知財」ありきで中小企業に接していては、中小企業の皆さんは弁理士からますます遠ざかるのではないか?と思います。

中小企業にもいろいろあり、企業ごとに抱えている問題は異なり、しかもその問題の大きさもそれぞれ。そのような中で「知財」は本当に様々な課題の中の一部分にすぎません。

このようなことについてしっかりと話を聞き、対処していかなければならない!と改めて実感しました。

弁理士にとって重要なことは「足を使う」ということですね。これからは体力勝負?になるかもしれません。



スポンサーサイト

2011/06/15(水) 18:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。