カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
良い技術があるのに市場に送り出すことができない。事業化できない。

これは中小企業だけでなく、大企業でも抱えている共通の悩みです。

しかし、中小企業は大企業に輪をかけて認知度が低いことがボトルネックの一つになっています。

特許権を持っていたとしても、あるいは非常に優れた技術を持っていたとしても、認知度が低いと事業化の前に死の谷に落ちてしまいかねません(というか、落ちることがほとんどです)。

インタビューして回った中小企業でも、そのほとんどが同じ悩みを抱えていました。

しかし、例えば、大手からの要求に応じて特注品を作るとか、本当にその中小にしかできない技術があるという理由で、知名度・認知度が高くなくてもやっていくことができているところもあります(もちろん、他にも手がありますが。例えば、痛くない注射針で有名な岡野工業の戦略等。)。

つまり、ニッチ戦略です。それも、ニッチ中のニッチとか、そういったレベルです。

ニッチですので、その分野の人々であれば、その技術がどのようなもので、どれだけ優れているのかがすぐにわかる、という状況があります。

そのような状況であり、なおかつ、その技術が本当に他にまねができないという状況までもっていけば、その中小企業はかなり強い立場に立つことができます(技術的にはニッチだけど実は将来的な市場は広い、ということも実際にあったりします)。

バリューネットで考えてみると、まず、その中小企業の競合はその技術にキャッチアップするまで時間がかかります。場合によっては本当にまねができないかもしれません。

すると、その中小企業の顧客は当然、競合に見向きもしないでしょう。同様に補完企業も自社の売り上げを考えるなら、その中小企業にコンタクトすると思われます。

そして、その中小企業の上流の企業も、競合よりも、実際に製品を販売しているその中小企業と取引を望むはずです。

もちろんこの前提には、その中小企業独自の技術が必要です。

今の日本の中小企業の状況を見れば、単なる加工屋さんは残念ながら仕事を海外に取られてしまうことがほとんどでしょう。加工機械を買えば、だれでもそこそこの加工を実施できるからです。しかも、海外のほうがインフラコストは圧倒的に低いですし。

したがって、やはり、中小企業といえども独自のアイデアで開発品を世に問うていかなければ、少なくとも日本国内で生き残っていくことは困難な状況に現実になってきています。

あるいはこれまでのビジネスシステムのように大手の下請けをやっていく立場から、下請けの横の連結で新たなビジネスシステムを構築することで、下請けを脱却することが必要になってくるでしょう(具体的には書きませんが、補完関係にある企業同士の直接的な結び付き、とでもいいましょうか)。

この点に為政者は気が付いているのかいないのか。

結構、待ったなしの状態になってきているのですが・・・
スポンサーサイト

2011/06/07(火) 02:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。