カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
中小企業さんへのインタビューで中小と大手とでは本当にその「論理」が異なるのだな、と感じました。

大企業の人間からすれば、会社で使うお金は当然会社のもの。

正直言って『大事に使う』とか『工夫して使う』という意識はほとんどないのではないでしょうか(少なくとも一従業員にとって)。

しかし、中小企業ではお金を使うか否かを判断するのは経営者です。

経営者にとって会社のお金は自分のお金と同じようなもの、という意識が強いのです。

本当にシビアに判断しますし、無駄金はできるだけ使わないように神経を使っています。

中小企業から大企業の活動を見れば「それって本当にお金を使う価値があるの?」と思うことがしばしばあるそうです。

大企業を『象』に喩えると、『象』が蚊に刺されてもちょっとは痒いかも知れませんが、血を吸われることによって死に至ることはまずありません(伝染病は別ですが)。

しかし、中小企業は、本当に小さな、いわば生まれたての小動物のように、小さな小さな動物です。小動物の場合、蚊に刺され、血を吸われると体力を奪われるだけでなく、死に至るかもしれません。

そのような場合に、簡単にお金を使えるかどうか?

かなりシビアに判断してお金を使うでしょう。

このように大企業の人間の論理と中小企業の人間の論理とは大きく異なります。

したがって、たった一件の特許出願でも、中小企業さんは本当に慎重に出すか出さないかを考えるのです。

その際に、やはり、特許出願費用、権利化までの費用、そして年金が非常に重くのしかかってくるのです。

よく「将来のビジネスで手にすることができる果実を考えれば、特許出願費用は微々たるもの」と言いますが、本当にそうか?中小企業さんの実態や本音を知っても本当にそのように言えるのか?

ビジネスで確実に儲けることができるとはだれも言うことはできないでしょう。

また、開発案件のすべてが確実に売れる製品になるのか?

10件に1件が売れる製品になるかならないかという実情の中、すべての開発案件について特許出願できるか?と言えばなかなか難しいですね。

軽々しく将来のビジネス云々というようなことを言うことはできない、と思いつつ、特許に頼らずに中小企業さんの技術を守る手立てを考えることも必要だな、と身に染みて感じた次第です。
スポンサーサイト

2011/05/26(木) 17:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR