カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
先週、先々週と中小企業に飛び込みインタビューをしてきました。

外から見ているだけでは分からない中小企業の実情が徐々にではありますが、見えてきました。

例えば、特許権は他社の模倣を防止することができます。

つまり、特許権がカバーする範囲の技術を他社が真似した場合には、差止請求や損害賠償請求をすることができます。

特許権、意匠権、商標権などは自分たちだけが実施・使用することができるし、誰かが真似をしようものならそれを止めさせることができるという強力な権利なのです。

そして、差止請求や損害賠償請求をする場合には弁護士等に依頼し、裁判所に訴訟を提起することになります。

知財を扱っている人間からすれば「そんなことは当たり前」と思うでしょう。

また、もし誰かが真似をしていれば、「訴えればいいではないか」とも思うでしょう。

しかし、多くの中小企業にはそれができないという実情があることを実感し、驚きました(私だけかもしれませんが)。といいますか、確かにそうだな、と思いました。

つまり、訴訟提起には弁護士等の費用がかかります。そして時間もかかります。

さらに、必ずしも訴訟で勝つことができるわけではありません(現状、特許権者が原告の訴訟において、原告の勝訴率はお世辞にも高いとはいえません)。

中小企業にはそのような不確かなものに費用をかけることも時間をかけることもできません。

資金にも人にも余裕が全然ないからです。

では真似されたらどうするか?

ある企業は「真似したければ真似すればいい。こちらはもっと良い物を作るだけだ。」とおっしゃっていました。

またある企業は「真似されたら真似されるだけ。何もできない。」とおっしゃっていました。

要するに、資金や人に余裕のない中小企業にとってわざわざ特許権を取得する意義が見出せないのです。

中小企業は知財よりも他に様々な問題を抱えていることが見えてきました。

中小企業は一体、何について本当に困っているのか?

それは企業ごとに異なります。

しかし、困っていることは、中小企業に飛び込んで調査しなければ分かりません。

インタビューでは上記以外にも様々なことを伺いました。

次回以降、少しずつ考えていこうと思います。
スポンサーサイト

2011/05/25(水) 16:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。