カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
中小企業などの資金に限りがある企業では、特許出願に要する費用はばかになりません。

特に企業外部の弁理士に出願を依頼する場合の手数料は結構かかります。

ただ、特許権を取得し、その特許権を事業にどう用いるのか?どう活かして使うのか?を適切に考え、その事業でどれだけの売り上げをどの程度の期間確保し続けるのか等を検討すれば、実は特許出願にかかる費用は微々たるものであることも多いのが実情です。

そうはいってももう少し何とかならないの?という時に活用できるのが各種団体が提供している助成事業です。

弁理士会も特許出願資金援助制度を提供していますが、都道府県の様々な機関も助成事業を展開しています。

例えば、東京都知的財産総合センター。

ここは、さまざまな助成事業を提供しています。

例えば、外国特許出願費用助成事業の公募が平成23年5月9日(月)から開始されます。

この外国特許出願費用助成事業は、東京都内に住所または主たる事務所を持つ中小企業者、または中小企業を主たる会員とする団体等が申し込むことができ、助成内容は、助成率が1/2以内で、助成限度額が300万円というものです。

この他にも県や市で様々な助成事業がそろそろ公募される時期になっています。

もし特許出願費用を少しでも浮かしたいと考えている方は、県や市のHPをこまめにチェックされてはいかがでしょうか。

もちろん、私の事務所に連絡をいただければ、調べますけれどね



今 知的財産事務所

(補足)
ちなみに、どこでどのような助成事業をやっているかの調査は無料、タダです。

まぁ、当然といえば当然ですけどね(^^ゞ
スポンサーサイト

2011/04/14(木) 16:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR