FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセプトと特許


以前、銀座でたまたま見かけた時計で、ちょっと気になったので調べてみた時計があります。
その時計には、「木目を形成した木製時計」という名称の特許がありました(特許第4927988号)。

これは、「本体を木質とした木製の時計において、該木製の時計は複数個を一組として構成し、木製の本体はその表面に木目を有し、そして一組と成る複数個の時計本体の表面に形成される木目は互いに連続した木目を形成し、個々の時計本体の表面には時を刻む針を設け、個々の時計本体の裏面に形成した凹部には該針を駆動する機器を取付けたことを特徴とする木目を形成した一組の木製時計。」というもので(上記特許の特許公報の請求項1を引用)、ごくごく簡単に言えば、複数の木製の時計を並べたときに、木目がつながるようになっているというものです。

上記特許公報の図1を下に引用します。
プレゼンテーション1

これだけだと「???」と思うかもしれません。なんで木製にしたのだろうとか、木目を連続させてどうなるのだろうとか。。。

しかし、この特許権者のホームページ(→HPはこちら。2018/8/31検索)を参照すると、この特許を「あたたかく」感じると思います。

この時計、「三連時計」という名称ですが、要するに、結婚式において、新郎新婦、新郎のご両親、そして新婦のご両親に贈られる時計で、3つをつなげると木目がつながり、いわば「木目で家族がつながる」ということを表した時計です。

上記ホームページを見たとき「なるほど!」と思うとともに、とてもいいコンセプトでしかもそのコンセプトがあたたかいな、と感じました。

こういったコンセプトと特許との融合の例(コンセプトを特許で支える例)は他にもいろいろあると思いますが、この木製時計はとても良い事例だと思います。

今知的財産事務所

スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。