FC2ブログ

SDGsと知財


SDGsをご存知でしょうか?

SDGsは「持続可能な開発目標」のことで、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)で残された貧困等の課題や、国際的に問題となっている気候変動、格差是正等を含んだ17の目標と169項目のターゲットが盛り込まれた国際目標のことです。

とあるところから「SDGs×知財×α」というような感じで検討してみない?とのお話をいただいたので、色々と検討しているところです。

それはそれとして、SDGsの目標やターゲットは、普通の企業、もちろん、中小企業やベンチャー企業にとってもとても有用です。

何が有用かというと、例えば、何らかの技術を持っている(or開発した)けど、その適用先がなかなか思いつかない、といったような場合に、SDGsの目標やターゲットを眺めてみると、意外にも多くの適用先が見つかる場合があると思います。

17の目標と169項目のターゲットはネット検索すれば様々なところで紹介されていますが、例えば、ユニセフのHPにも紹介されています(2018/5/22検索)。

例えば、「目標6.すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」の中に、「6.3 2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。」という項目があります。

東京都は世界でも類を見ない水処理技術を有しているのでその技術を活かして上記目標に貢献できると思いますし、水回りの技術に携わっている企業も、自分たちの技術を使って上記目標に貢献するにはどうしたらよいか?と視点を世界に移せば、飲料水に困っている人々の助けになると共に、自社技術のプレゼンスも世界的に向上する可能性があります。

MDGsはトップダウン的な目標決定だったのですが、SDGsは『3年の年月をかけて途上国、先進国を含むあらゆるステークホルダーの議論を踏まえて策定されたもの』であり、民間の意見を取り入れて作られたものなので、『企業を意識した内容が色濃く反映されてい』ます※1。

つまり、民間のことを念頭においてSDGsは策定されており、民間企業との親和性も高いのではないかと思います。

そのため、企業にとってSDGsは、ビジネスにおける機会としてどのようなものがあり、新規市場を切り拓く可能性を示唆してくれるものとも言えますし、目標やターゲットを眺めて検討するだけでも、「このような課題があるのか。自社技術をこうして使えば解決できるかもしれない。」というようなアイデアが浮かぶかもしれません。

そして、「ビジネス」や「新規市場の開拓」、「ビジネスにおける機会」とくれば、当然、知財も関わってきますので、弁理士も力を発揮できるかもしれません。

文科省等からSDGsのアクションプログラムが発表されていますので、日本でもこれから議論がどんどん活発になるのではないでしょうか。

今知的財産事務所

※1 以下の文献から引用させていただきました。
足達英一郎、村上芽、橋爪麻紀子著、「ビジネスパーソンのためのSDGsの教科書」、日経BP社(2018年)、12-15頁
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR