カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

特許調査をする場合、公開特許公報や特許公報を見ることになりますが、公開特許公報等には実に様々な情報が詰まっています。

もちろん、「特許請求の範囲」や「発明を実施するための形態」等に発明の内容が記載されているので、これらが重要であることに間違いはありません。

しかし、それ以外にも有用な情報が詰まっています。

その1つに「Fターム」というものがあります。Fタームは、公報中に記載されている発明の技術的な特徴を、種々の技術観点(目的、用途、構造、製法等)に照らして付与されるものです。

これだけだと「ふーん、そうなのか」で終わってしまいますが、「Fターム」の「付与数」がポイントになります。

1件の特許出願には、たいてい、複数の「Fターム」が付与されます。上記のようにFタームは様々な技術的観点に照らして付与されるので、付与数が多いほど、それだけ様々な技術的な観点が含まれていることになります。

ということは、その特許出願に含まれている発明が解決する課題の適用範囲が、Fタームの付与数が多いほど「広い」と簡易的に評価できる、ということになります(あくまで、簡易的に、です。)。

気になる特許が将来、自社ビジネスの障害になり得るかということを判断する場合にFタームの内容や付与数が判断材料の1つになることになります(もちろん、確度の高い評価をする場合は、専門家を交えた評価が必要になります。)。

他にも色々な情報が公報には詰まっていますが、どの情報が自分にとって重要であるかは、公報を見る目的によって変わってきます。

したがって、まずは目的を明確にする、という点が重要になってきます(どんなことでも目的を明確にすることは重要ですが…)。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/19(水) 17:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR