カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
今日は「発明の日」です。

1885年(明治18年)4月18日に、現在の特許法の前身である「専売特許条例」が公布された日にちなんでいます。

明治時代であれば、完全に欧米に追いつけ!時代ですから、やはり技術面での政府の後押しが第一だったと思うので、「特許」が前面に出てくるのは当然といえば当然だと思います。

それに、第二次大戦後も、日本が復活するためには海外からの技術導入がどうしても必要であった面がありますし、欧米に追い付け追い越せの時代も長らく続いていたので、「特許」が前面に出てくるのは仕方がない面があります。

とはいえ、現在は、特許だけでは多くのビジネスは成り立たないことは分かり切ったことですし、特許のみならず、商標、意匠、著作物等の知的財産「権」に関するものだけでなく、ノウハウや、更には知的情報のかたまりを含めたより広い「知財」を創出し(場合によっては見出して)、うまく使っていくことが必要になっています。

そういう観点からは「特許庁」というのも、ある意味、時代に追いついていない気がしますね。

外国を見れば(あくまで名称の話ですが)、欧州連合知的財産庁や中国国家知識産権局(中国商標局もありますが)というような名称もあります。

日本も、知財をビジネスにうまく活用しようという目標を掲げ、更には日本社会をよくしようとする目的があるのであれば、そろそろ、「知的財産庁」とかに名前を変えてもいいかもしれません。

ただ、著作権は文化庁、地理的表示保護制度は農林水産省、というように、縄張り争いがありそうなので、悪しき縦割り行政が続く限り、なかなか「特許庁」から名前が変わることはなさそうですが。。。。

まぁ、行政庁の名前はどうでもよく、知財を使う側がしっかりしていればよい話ではあります。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/18(火) 17:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。