カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

様々な業種の方とお仕事をしていると、特許の基になる発明の着想の仕方も様々あるということを実感します。

その中でも、デザイン系の中小・ベンチャーさんのお客さんの発想は、大企業や製造業の技術者とはやはり、違うなぁ、という面が多々あります。

大企業では、結局のところ、要求性能をいかにしてクリアすればよいのか?という面から発明をすることが多いと思います。

一方、中小・ベンチャーさん(特に、デザイナーさんが絡む会社さん)は、「こんなことがこのコンテンツを使えばできるのでは?」、「このような技術をこのように応用したら面白いのでは?」とか、「こういった状況を創り出せれば、いい感じだよね。なんか、こうしたらできそうなんだけど。」というような思考で発明(当事者は別に発明とは思っていないことが多いですが)が出てくることが多いと思います。

そして、結果としてヒット商品が生まれたりします。

いずれがいいとも悪いとも言いませんが、「なんか、こうしたら面白いよね!」という発想をした方が、楽しくありませんか?

私自身は弁理士の立場なので、あくまでもサポート側ですが、お客さんと打ち合わせをするときは、何か面白発想が引き出せないか?と考え、何かしらの呼び水となるようなことを発言することもあります(それによって、たまに、「それいいかも」と言われることもあります。)。それで何か面白い発想が出てくると、こちらも楽しくなります。

特許とか発明というと、なにかとても高度でハードルが高いイメージがありますが、発想自体は自由に楽しくした方が、結局のところ、多くの人に共感が得られるモノ・コトが生まれてくるような気がします。

それが特許の対象になるかどうかは、知財の専門家である弁理士に判断させればいいので、「面白いかも?!」というようなことをどんどん発想することも、大切かなと思います。

もちろん、実現可能性や事業性等の観点からの検討も必要になりますが、世の中をもっと楽しくとか、もっといい世の中にしたいとか、こうすればこんなに苦労しなくて済むのにとか、発明の根っこにある部分を大切にし、楽しく発想することで、結果として良い知財(発明に限らず、デザインなど)が生まれてきたりします。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/13(木) 15:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR