カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

日本経済新聞の記事に、AIの襲来により顧客のために考えなければ仕事がなくなると戦々恐々としている士業の話が載っていましたが、いまいちピンときませんでした。

その原因は、世の中では当たり前なことも、特殊な環境にいると分からないからではないかと思います。

例えば、私が独立したのは、大企業の大量の案件を効率よくこなすことだけを考えているようなやり方では、企業にとって本当に有用・有効な特許権や商標権等の知財権を取得できないのではないかと思ったからです(また、そのようなやり方では早晩、行き詰まるだろうとも漠然と思っていましたし、なによりも、大量の案件をこなすだけでは私がつまらなかったからです。)。

中小・ベンチャー企業の場合、体力に限りがある分、一つ一つの行為が非常に重要で無駄なことをやっている余裕はありません。

独立してからのメインのお客様は、中小・ベンチャー企業ですので、それこそ経営者の方々と一緒になって仕事をすることが多いのですが、そうなると、単なる出願代理の仕事では当然、収まりきらなくなります。

例えば、現在進行形に近いですが、ある企業さんは、経営者に確固とした志があり、その志に沿って将来どのような状況が望ましいかという「絵」を描き、その「絵」を実現するピースとして様々なことが検討されていました。そのような企業さんのプロジェクトに運良く入り込むことができたのですが、その「絵」やピースを下支えする技術、デザイン、標章、あるいは著作物等を複合的にどうやって扱っていけばいいのか?を経営者+従業員の方々+私でいろいろディスカッションし、時によっては互いに教えあい、知恵を出して進めています。

弁理士としての私の方の具体的な仕事としては、どうすればうまくいきそうか?どうすれば面白いか?(ここまでは特に知財は関係ありません)、どこがどのような知財なのか?それがどのように「絵」を実現する際に役立つのか?権利化したほうがいいのかノウハウとして秘匿化したほうがいいのか?ビジネスを進める上で第三者と協力する場合の知財の取扱はどうするか?等々、お客様からの情報や世の中の情報も使い、知財面のピースの構築を担当しています。

この様なお客様と面と向かって話をする仕事の進め方、AIにはまだまだ無理ではないでしょうか。

もちろん、権利化業務がメインであるお客様もいますが、そのようなお客様ともいろいろ知恵を出し合って仕事を進めています。

結局、普通に仕事をしていれば、もはや出願代理なんかでは収まらず、それこそ企業さんと一緒になって走っている、というような状況が普通になり、それが当然のようになります。あらためて顧客のことを考えるというのではなく、当然に顧客のことを考えているのです。

とすると、お客様と一緒になって走っているような小さな事務所の弁理士からすれば、上記の日経の記事はなにをいまさら、という感じがしてしまい、それがピンと来なかった理由なのだな、と思い至りました。

とはいえ、私も知財業界に入りたてのころには単に権利化業務に邁進していただけですが、社会人大学院でいろいろな企業の人とMOTを共に学び、大田区の中小企業さんに飛び込みインタビューなどして「外の世界」を見る機会を得たおかげで、「あぁ、知財業界って、やっぱり特殊なんだな」ということが認識できたわけです。

AIに取って代わられるようになるには、まだまだ時間がかかるでしょう。
今知的財産事務所

スポンサーサイト

2017/03/16(木) 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。