カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
日々、新しい製品やサービスが生まれています。その様な新製品・新サービスを顧客に提供する際には、その新製品・新サービスを顧客が認識できるようにする必要があり、その際によく用いられるのが「商標」です。

新製品・新サービスの場合、やはり新たなネーミングをつけたくなることが多いと思います。また、既存製品・既存サービスについて新たなコンセプトで世に出していこうとする場合も新たなネーミングが必要になる場合もあると思います。

この「新たなネーミング」を自分たちが考えた新製品・新サービスに対して使用し続けることで、顧客は、「あっ!あのマークならあの会社の商品だ!」というようになっていきます。

この場合に、もし自分たちに全く関係のない第三者が、「新たなネーミング」について同じような製品に使用してしまうと、顧客にとっては「一体どっちがどっちの会社の製品なんだろう??」等と混乱する場合があります。

更に、その第三者の製品が粗悪品であった場合、その粗悪品に対するクレームが自分たちの会社に来てしまうこともあります(自分たちの会社の方が有名であれば、とばっちりを受ける可能性が高くなります。)。

したがって、ネーミングについて第三者が勝手に使用することを防止するために商標権を取る必要があります。

もちろん、商標の取得には費用がかかります。しかし、商標権の存続期間は10年です(ただし、何度でも更新可能です。)。そうすると、例えば、商標登録出願から登録までトータルで仮に15万円かかるとすると、1年当たり1万5千円で独占排他権たる商標権を維持できることになります。

ボランティアでなく通常のビジネスをするに際し、ネーミングを適切に守って使っていくことがとても重要であることを考えると、1年当たり数万円で自分たちのネーミングを守ることができると考えれば、商標権の取得に要する費用は決して高くはないのではと思います。

また、今年の夏ぐらいには商標の登録料が25%引き下げられる予定ですので(参照HP→商標登録料25%下げへ、2015年2月19日検索)、更にリーズナブルになります。

なお、動き商標、ホログラム商標、音の商標等、これまで権利の対象ではなかったものも商標の対象になりました(特許庁HP。2015年2月19日検索。)。これまで以上に自分たちの製品・サービスをアピールする方法が増えてきましたので、魅力的なネーミングだけでなく、顧客にどのような商標で認識してもらえるのか?を考える(そして、そのような商標を「創作する」)ことが重要ですし、そのようなことに頭を使うことはとても面白そうですね。

今知的財産事務所

スポンサーサイト

2015/02/19(木) 14:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR