カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
さて、最近ではようやく大学の先生方にも知財の重要性が伝わり始めましたが、そうとは言え、やはり大学の先生方にとって最重要なのは論文発表です。そして、私自身も論文発表は非常に重要と考えています。

しかし、大学の規模によっては先生方に回る資金に限りがあり、また、先生方をサポートする学生数やポスドクの人数も大学によって大幅な差があることから、論文発表をバンバンできる先生は限られています。

資金が付き、また、多くのポスドクが先生についている場合、次々に実験ができるので、その先生が発表する論文数は、資金があまりなく、ついているポスドクも少ない先生に比べ、かなり多くなる傾向があるようです。

そうすると、いくら良い研究をしていたとしても、資金やポスドクの数に限りのある先生は、論文発表を多くできるわけではないので、学会内におけるプレゼンスがなかなか向上し難いことがありそうです。

そこで、知財、特に特許を活用できないか?ということが考えられます。

まず、論文は先生自身が書かなければなりませんが(共著なら、一部、ドクター等に任せるとしても)、特許であればほぼ全部、弁理士に書かせることができます(もちろん、最終チェックで出願書類を確認する必要があり、また、費用もある程度かかりますが。。。)。

また、例えば、A先生が誰よりも早く基本コンセプトで特許出願して権利化していれば、仮にB先生に論文数で負けていたとしても、企業等が実用化しようとする場合にはA先生のもとに来ざるを得ません。

そうすれば、将来的にはA先生に研究資金(共同研究費として)が集まる可能性がありますし、A先生の研究室の学生が共同研究先企業に就職しやすくなる可能性も見えてきます。

こういった見方もできるのではないかと最近思ったりしています。
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/12/22(月) 10:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR