カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
知財、特に特許権等の知財権の役割というと、最近のアップル対サムスンの訴訟を見るまでもなく、第三者の実施を止めさせるという『排他権』がすぐに頭に思い浮かびます。

もちろん、排他権という機能を直接的に活用することはとても重要ですが、間接的に活用する方法もあると思います。そして、伝統的な知財権の機能だけではなく、知財権にまつわる様々な側面や制度をうまく活用することの方が中堅・中小企業にとっては重要だったりします。

例えば、特許出願するには技術内容を必ず文書化することになります。自社内に存在している技術アイデアという無形財産を文書という形で見える化した時点で、社内外に客観的に当該技術を知らしめる「武器」が誕生することになります。

技術を秘匿化すべき場合もありますが、自社内においてすべての社員に自社の「武器」を認識させるためには、この『文書』がとても役に立つと思います。

また、特許出願すると「出願公開公報」で出願内容が世の中に公開されます。これにより、将来の顧客や将来のアライアンス先(特に、中小・中堅企業にとっては大企業が1つのアライアンス先候補になります)に自社技術が目につきやすくなります。

更に、特許出願して審査請求すると、たいてい1回は拒絶理由が来ます。中小企業の中には、通知された拒絶理由の内容を検討し、自社技術の当該技術分野における客観的な立ち位置を把握しているところもあります。自社技術の立ち位置が主観的ではなく客観的に分かることで、将来に向けた技術開発の方向性(言ってみれば、技術戦略)を考える際の材料になります。

企業の目的は顧客を作ることですが、顧客に選択されるため(更には、顧客に選択され続けるため)には事業戦略やマーケティングが重要なことは言うまでもありませんが、知財をうまく活用する必要もあると思います。

その様な観点から、私は、知的財産研究所の知財塾で1年間メンバーと検討してきました。来週、その成果報告を発表することになっています(知財塾HP)。一応、パワポは作成しましたが、結構内容が多いので時間内で発表が終わるか、ちょっと不安です。。。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2014/04/15(火) 15:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR